ちょっと怖い実話-YouTube動画【翻訳】

意味が分かると怖い話

-ちょっと怖い実話-

★ハロウィーン特別版★

はなぐまが留学中に体験した、ちょっと怖い話の1部をアニメで紹介

はなぐまLINEスタンプはコチラ↓
LINE スタンプ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube動画英語翻訳

 

A Sort of Spooky Story
なんかちょっと怖い話

This is the story of when Hanaguma was sharing his home with a roommate…
これは、はなぐまがルームメイトとルームシェアしている時の話

Hanaguma lived in suburbs.
はなぐまは郊外の方に住んでいた

The house was close to mountains, so Hanaguma could hear Coyotes howling at night. He could even hear it right next to his house sometimes.
家は山の近くで夜になるとコヨーテの声が聞こえるところ。家のすぐ近くで聞こえることもよくあった

Hanaguma: Oh it’s dangerous to walk at night. I have to be careful.
はなぐま: 夜出歩いたら危険だな。気を付けないと

He had a rich room mate who lived in the house but in a different room.
その家には、別の部屋に住む、留学生のお金持ちのルームメイトがいた。

Hanaguma: Yo
はなぐま: ちわーっ

She always bought a bunch of clothes, and she showed these off to Hanaguma whenever she got new ones.
彼女はいつも服を買いまくって、新しいものを買う度にはなぐまに自慢していました。

Roommate: Look at this ! I got new clothes.
きゃさりん: 見て新しい服買ったの。

Hanaguma: Wow. That looks good on you!
はなぐま: わー似合うね!

But Hanaguma was wondering why she always wore shabby clothes but not the new clothes she had just got
でもなぜかその子は、買った新しい服ではなく、ボロイ服とかを着ているのではなぐまは不思議に思っていた。

Hanaguma: Why don’t you wear your new clothes?
はなぐま: 何で買った服着ないの?

Roommate : I came here to study !
きゃさりん: 私は勉強するためにここに来たー!

One day, she and Hanaguma went shopping to get Halloween costumes.
ある日、ハロウィーンのコスチュームを一緒に買いに行くことにした。

Hanaguma: Have you decided what to wear on Halloween?
はなぐま: ハロウィーン何着るか決めた?

Roommate: Not yet
きゃさりん: まだ。

Hanaguma: I might want to get this one…
はなぐま: 僕これにしようか…

Roommate: Ah! I will get this!!!
きゃさりん: あ、私これにする~!!!

Hanaguma: I was gonna buy it though …
はなぐま: 僕が買おうと思ってたのに…

The following night
次の日の夜

家の外

She had gotten a bad score on her exam.
その日、その子はテストの成績が悪かった。

Roommate: WOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO
きゃさりん

Hanaguma: Eh? Are you okay???
はなぐま: え、何? 大丈夫???

Hanaguma: Eh?!
はなぐま: えぇ?!

She was cutting up all her clothes and gifts that her friends gave her
その子は、自分の買った服やはなぐまがあげたプレゼントなど、すべてを切り刻んでいた。

Hanaguma: She is tearing her clothes up… Oh, that’s why she didn’t have clothes to wear to school.
はなぐま: 服を引きちぎってる… あぁ、だからいっつも学校に着ていく服がなかったんだ。

Oh what? Her stuff is almost the same as mine… creepy !
はなぐま: あれ、きゃさりんの持ち物って僕のとほとんど一緒だ。こわっ

It appears that she was invading Hanaguma’s room and checking Hanaguma’s personal items sometimes.
どうやらきゃさりんは、たまにはなぐまの部屋に侵入して持ち物チェックをしていたらしい

Her behavior was getting gradually creepier as time went on…
きゃさりんの行動は次第に怖さを増していき…

She banged the keys of the piano at night playing an incoherent noise…
夜になるとピアノをたたき出したり、、、

The coyote howling outside close to the house, was actually made by her also…
コヨーテの鳴き声は実はきゃさりんだったり、、、

Hanaguma felt a little in danger
はなぐまは自分の身に危険を少しずつ感じていた

Hanaguma: Well, she hasn’t attacked me directly so …
はなぐま: まぁ、でも自分に危害があったわけじゃないし…

Hanaguma: Oh, she finished showering. I will go ahead shower too!
はなぐま: あ、きゃさりんがお風呂終わったみたいだ。僕もお風呂に入ろ~っと。

お風呂場

Hanaguma: Ew… There is so much hair as usual. There is an unknown liquid, too. Meh…
はなぐま: いつも通り、毛だらけだ。よくわからない液体も落ちてるし。やだな~

Hanaguma: Huuu ! It was nice !
はなぐま: ふ~気持ちよかった

Hanaguma: Ah? What’s this?
はなぐま: ん? なんだこれ

There were scary words that appeared on the mirror from the steam
そこには、湯気によって浮かび上がる恐怖の文字があったのである。

This story is based on an experience that Hanaguma really had
これは実話です。

この記事をシェアしよう♪ →Tweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Google+
Google+
0Share on Facebook
Facebook
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です